予測制御不能の危うさも素人動画の魅力

予測制御不能の危うさも素人動画の魅力

素人動画を撮影から投稿する側の心理として、最初は自分達も興味半分暇つぶし的に観ていたのがmそのうち対応意識という訳でも無いのでしょうが、自分達にも撮れるとの思いに駆られた展開が十分考えられます。
こうして完成とは言えぬレベルの処女作をキッカケに、次第にその面白さと内容の過激さのエスカレートに歯止めが利かなくなった、そんな流れが動画の端々から滲み出ていて、これまた非常に興味深い限りです。
そんな歯止めが見当たらぬ素人動画だからこそ、時にこちらが「そんな事まで見せてしまって、ホントに大丈夫なのかな」と心配してしまう程、市販のアダルトビデオでは考えられないギリギリの場面が突然現れる事も少なくありません。
反対に「これは時間の無駄だった」と落胆させられるも、次こそはとまた他の動画にアクセスしてしまうなど、不思議と見る側の意識を掴んで離してくれぬ、何とも荒っぽく予測不能な点も魅力です。
何より一瞬知り合いか元カノかと見間違う人物が登場した時の驚き、これは多くの経験者が今も忘れられない心臓の鼓動だったに違いありません。