侮れぬ素人動画ならではの生々しい臨場感

侮れぬ素人動画ならではの生々しい臨場感

市販のアダルト動画やインターネット上で配信される無数とも言えるマニアックなエロ動画は、いずれも高画質を誇る出来栄えで、かつてブルーフィルムなどと呼ばれた懐かしい時代の名残など微塵も感じさせません。
ともすれば人気アーティストのPVかと間違ってしまう程、コンパクトなストーリー展開の中に、エッチで刺激的なシーンが詰め込まれているなど、その完成度も半端ではありません。
こうしたアダルト動画全体のレベルアップは、私達世の男からすれば確かに嬉しい限りですが、一方で何かしら「見てはならない光景を覗き見する」的なスリルという点では、何かしら失われた感が否めないのも事実でしょう。
その点ネット上に投降される素人動画は、画質や物語の構成に関してこそお話にならずとも、その生々しさと淫靡さと言う点でjは、商品としての動画には無い、私達の意識と視線を釘付けにするパワーを有しています。
まさに壁一枚隔てたラブホテルの隣室、あるいは私達が今こうしてアダルト動画を観ている隣室で、目の前の行為が行われているかのような素人動画ならではの臨場感は、私達の五感と性欲を激しく刺激して止みません。